ふるさと発見Home country discovery

梁川小学校 ・・・保存版BGM 保存版(歌付)
梁川小学校校歌
       佐伯 郁郎作詞
       渡部 精治作曲
一 僕らが立ってるこの土地は
   住みよい故里ぼくらの故里
   空は大きく青い空
   ぼくらはここに生れここに育つ
   みんな手をとり輪になって
   明るい心もち合って
   きよくきよくすこやかに
   ああぼくらは梁川小学生
  
二 僕らが通うこの丘の
   円い学校ぼくらの学校
   夢が生れる光る窓
   ぼくらはここに学びここに励む
   みんな元気で胸はって
   大きなのぞみもち合って
   つよくつよくたくましく
   ああぼくらは梁川小学生

 ↑クリックで360度パノラマ写真になります


   写真 梁川小学校Webサイトより引用 (現在)




   写真 卒業アルバムより引用 裏門 (卒業年)
梁川中学校 跡地

石碑だけが中学校の歴史を伝えていました。
昭和53年閉校。江刺東中に。

http://blog.livedoor.jp/kendolife/archives/cat_229917.html
・・・いわて県道ブロクより引用

〈杜陵随想〉渡部精治 消えた校歌・・・盛岡タイムス
記事が削除されてたので、コピーしてた記事を保存用に無断で載せます。盛岡タイムス様ご承諾願います。

盛岡タイムス 2005年 7月 13日 (水)
■ 〈杜陵随想〉渡部精治 消えた校歌
  昭和22年に今の学校法が施行されて、新しく3年制の中学がスタートした。急きょ新築された新校舎で、初めての卒業生を送り出すころになると、それぞれの学校に校歌が作られ始めた。地域の環境を賛美し、語り継がれた教訓を織り込んだ内容の詩が採用され、生徒は誇りを持って、声高らかに謳歌(おうか)した。
  昭和26年、音楽学校在学中のわたしに、郷里に近い江刺の稲瀬中学校から、校歌作曲の依頼が舞い込んで来た。前の年に、わたしの紹介で岩谷堂中学校が校歌の作曲を、同期生の作曲家諸井誠君に、依頼したいきさつを知っての打診であった。
  諸井君の作品は単純な旋律ながら、ラモーの五六とよばれる和音の進行を、巧みに使った上品な曲であった。作曲専攻の彼にはかなわないだろうが、わたしは思い切って引き受けることにした。
  依頼のあったのが5月3日、それから半月ばかりそのことに没頭した末に、下総皖一教授のお認めをいただいて、完成したのが29日であった。これが世に出たわたしの作品第1号である。
  作詞は当時稲瀬村に疎開していた斎藤春吉という方で、詩にはヒューマニズムとか理想などの言葉が出てきて、平易で新鮮な感じがした。諸井君のアドバイスもあって、二部合唱でしかも途中に、ポリフォニック(輪唱)の手法を交えてハイカラなものに仕上げた。今でも満足感のもてる曲である。
  それから半世紀、過日、当時稲瀬中学校の生徒であったという方から、突然の電話があった。近々に同級会を開くが、母校はすでに統合されて存在しない。懐かしい校歌を歌いたいとの要望が多いが、うろ覚えでなくしっかり歌いたいので楽譜を、ということであった。
  わたしにとってはとてもうれしいことなので、急いでコピーをしファクスで送ってあげた。そして、クラス会の盛会と皆さんの健康を祈った。警察官だったその方も、すでに退職されているとうかがい、年月の経過をしみじみと感じた。
  ところで、その稲瀬中学校だけではなく、前述の作曲家諸井誠の名作、岩谷堂中学校校歌もなくなった。わたしが校歌を作った梁川中学校、玉里中学校もすでにない。また、のちに市長まで務めた水沢中学校長佐藤哲郎先生からの依頼で、ピアノの恩師梶原完氏を通じ、歌劇「夕鶴」で知られる作曲家團伊玖磨に作ってもらった水沢中学校校歌も、いつの間にか替えられてしまったようだ。これも統合の犠牲なのかもしれない。
  宝石を捨てたようで残念でならない。先輩後輩のきずなが断ち切られ、地域の結束は、空しい過去のものとなってしまった。それぞれの校歌は、歌詞の内容と旋律の抑揚によって、その学校の歴史を伝えてきた。卒業生は、共に歌い共に和した場所をなくし、心を養い体を鍛え合った「支え」そのものを、失ったようなものである。
  最近、今度は高校の統廃合計画が取りざたされ、市町村の合併問題とも絡んで、地区の発展と結びつき、いろいろ論議を呼び、提案が飛び交っているが、校歌の、それぞれの歌詞にみられるように、心のよりどころとなってきた故郷の山川の姿などを歌わずして、人間形成は果たし得ないように思う。
  校歌に限らず、こうした統廃合による文化財の損失を、教育委員会ではどう処置する考えなのだろう。宮澤賢治の精神歌でも知られる、花巻農学校の行方が気になるところ。理想郷イーハトーブも、言葉だけが観光資源になってはならないと思う ・・・盛岡タイムス

梁川中学校 校歌・・・岩手日報・・・保存版BGM
梁川中学校校歌
       佐伯 郁郎作詞
       渡部 精治作曲
一 朝かげ清く 風薫る
   美(うる)わしこの地 日の神台
   そびえて立てる 学び舎(や)を
   若き心に たたえなん
   ああ梁川 われらが母校
二 古き歴史を 秘めてたつ
   烏帽子(えぼし)山に 護法塔
   無言の教え 育(はぐく)まれ
   集いてここに 三百名
   ああ梁川 われらが母校



1955年の写真を提供してもらいました。クリックすると拡大表示します。(校庭下の木の所は正門だった)

   写真 卒業アルバムより引用


   写真 卒業アルバムより引用


 

 

 

 



   写真 2008年4月


見つけたホームページ
さくしろブログ
(ページが削除されるともったいないので無断でコピーしましたお許しください)
【古館】
link_etc/20080129_furu_date.jpg
岩手県奥州市江刺区(旧江刺市)
梁川集落に着いたら道路工事で弾かれ、偶然に標柱を見つけました。
【野手崎城】
link_etc/20080129_notezaki_jou.jpg
岩手県奥州市江刺区(旧江刺市)
仙台藩伊達氏の支城網、所の一で、小梁川氏代々の居城。
【葛西館】
link_etc/20080129_kasai_date.jpg
岩手県奥州市江刺区(旧江刺市)
標柱に記載のある「南端丘陵頂部」、
どの丘陵の頂部を指しているのかが判りにくいんですが…。
葛西氏の居館と伝承されています。
  YouTube - 金津流梁川獅子躍 2010
  YouTube - 江刺甚句まつり(百鹿大群舞)2009
  YouTube - 金津流梁川獅子躍 2006   YouTube - 金津流梁川獅子躍
  YouTube - 甚句まつりの百鹿大群舞 1989(平成元年)   YouTube - 奥州江刺百鹿大群舞(岩手県)-奉祝パレード- 2009年11月12日(木)に皇居前で行われた全国の郷土芸能が参加したパレード。
  YouTube - 岩手県 奥州市 金津流 梁川 獅子躍

思い出のメロデー、タレント ・・・クリックで聞くことができます
・太陽がくれた季節(青い三角定規) 
・思秋期(岩崎宏美)
・岡田奈々
・安田成美
・大場久美子
・浅田美代子
・麻丘めぐみ
・南沙織
・天地真理
・山口百恵
・やまがたすみこ   いちばん好きな曲 チューニングラブ(スタジオライブ)
・チェリーに口づけ(ミッシェル・ポルナレフ)
・ダイヤモンドヘッド〜パイプライン(ベンチャーズ)

梁川に関係する人

大滝詠一さんのアミーゴ・ガレージ
大瀧 詠一(おおたき えいいち、本名:大瀧 榮一、1948年7月28日 - )は、シンガーソングライター・作曲家・アレンジャー・音楽プロデューサー・レコードレーベルのオーナー・ラジオDJ・レコーディングエンジニア・著述家など、多くの顔を持つミュージシャン。
岩手県江刺郡梁川村(のちに江刺市を経て、現・奥州市)生まれ、母親は教師。血液型AB型。釜石南高校卒業、早稲田大学第二文学部中退。
一般には歌手としての表記(1973年ごろから)である大滝詠一で知られている。代表曲に、『幸せな結末』、『夢で逢えたら』、『A面で恋をして』など。
 ・・・フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用

YouTubeへ・・・さらばシベリア鉄道
YouTudeへ・・・風立ちぬ

・・・江刺ルネッサンス ohtakiへ
大滝詠一のバイオグラフィーには、「二歳の時に鹿踊りの太鼓の音にしびれる」と書かれてある。もしかすると、大滝は江刺に住んでいた十年の間に郷土芸能に触れ、音楽に目覚めたのかもしれない。・・・江刺ルネッサンスより引用

「おおたき」も「大滝」と「大瀧」の二つの表記がある。「大滝」は歌手名、「大瀧」は作曲、プロデューサー名である(これの混同はよく見られる)。他にミキサーの笛吹銅次、編曲の多羅尾伴内、チェルシー、リンキー・オー・ヘン
曲名 歌手名 作詞・作曲者
雨のウェンズディ 大滝詠一 作詞:松本隆、作曲:大瀧詠一
いちご畑でつかまえて 松田聖子 作詞:松本隆、作曲:大瀧詠一
一千一秒物語 松田聖子 作詞:松本隆、作曲:大瀧詠一
探偵物語 薬師丸ひろ子 作詞:松本隆、作曲:大瀧詠一
熱き心に 小林旭 作詞:阿久悠、作曲:大瀧詠一
大阪ストラット ウルフルズ 作詞:大瀧詠一、作曲:大瀧詠一
風立ちぬ 松田聖子 作詞:松本隆、作曲:大瀧詠一
カナリア諸島にて 大滝詠一 作詞:松本隆、作曲:大瀧詠一
君は天然色 大滝詠一 作詞:松本隆、作曲:大瀧詠一
恋するカレン 大滝詠一 作詞:松本隆、作曲:大瀧詠一
さらばシベリア鉄道 太田裕美 作詞:松本隆、作曲:大瀧詠一
幸せな結末 大滝詠一 作詞:多幸福、作曲:大瀧詠一
1969年のドラッグレース 大滝詠一 作詞:松本隆、作曲:大瀧詠一
バチェラーガール 稲垣潤一 作詞:松本隆、作曲:大瀧詠一
夏のリヴィエラ
冬のリヴィエラ
大滝詠一
森進一
作詞:松本隆、作曲:大瀧詠一
夢で逢えたら 石川ひとみ 作詞:大瀧詠一、作曲:大瀧詠一
Tシャツに口紅 ラッツ&スター 作詞:松本 隆、作曲:大瀧 詠一
怪盗ルビー 小泉今日子 作詞:和田誠、作曲:大瀧詠一
Rock'n' roll Good-bye 松田聖子 作詞:松本隆、作曲:大瀧詠一
A面で恋して 大滝詠一 作詞:松本隆、作曲:大瀧詠一
     

Capyright(C) 2000-2020 oouchi-net.com All Rights Reserved.